歯医者が苦手な人にその「ひとこと」はNG!

「口は災いの元」といいますが、余分な「ひとこと」を発したために、気まずい思いをすることがありますよね。
その結果、相手との関係がギクシャクするだけでなく、修復不能になるかもしれません。
冗談のつもりでも、受け止める相手によっても異なります。
自分の発言には、くれぐれも十分注意しましょう。
歯医者が苦手な人に対する声掛けもそのひとつ。
歯医者を敬遠したくなる人がいますが、年齢とは関係ないからです。
もし、虫歯治療を躊躇する人に向かって「小さい子どもでも、できるのに」というと、どうでしょうか。
発言したほうは、相手を励ますつもりかもしれません。
しかし、言われたほうは深く傷つくのです。
誰だって、悪い歯ができれば、少しでも早く治療したほうがいいと思っています。
それができないから苦しいのですよね。
みなさんのなかには、歯医者通いが好きな人もいるでしょう。
虫歯治療だけでなく、ホワイトニングや歯垢除去など、歯医者を受診する目的はいろいろあるからです。
そのため、歯医者が苦手な人の気持ちを理解するのは難しいかもしれません。
しかし、相手を思いやる気持ちを持って、言葉選びを慎重にすることが大切です。